看護師の退職の心得

あなたが転職する理由は?

転職をしようと思っている人は何らかの理由がある場合がほとんどですよね。

 

あなたは何故転職をするのでしょうか。

 

何を目的とした転職にしようとしていますか?

 

看護師の転職理由には次のようなものがあります。

 

・自由な時間を確保したい
・仕事内容に対して給料が不十分
・なかなか休みが取れない
・看護師長や同僚と折り合いが悪い
・勤務シフトに不満がある
・スキルアップをするため、専門性を深めたい
・他の病院も経験してみたい
・家から通いやすい病院に勤務したい
・仕事にやりがいが感じられない
・医師が高圧的でやりづらい

 

看護師のみならず、このような理由で転職する人は実際に多いと思います。

 

それもこれらの理由のどれかというわけではなく、様々な理由が絡み合って転職を決意する人がほとんどだと思います。

 

しかし、事情があるとは言え、そんなにすぐに転職しても良いのでしょうか。

 

転職の他にも選択肢は様々あるはずですし、考えなくてはならないことも多いと思いませんか。

 

現在、目の前に立ちはだかっている問題を打破する方法は何も転職だけではありません。

 

職場の人間関係に悩んでいる人は、病院を変えたところで、新しい職場が良い環境であるとは限りませんし、今よりもさらに気の合わない同僚がいたらどうするのでしょうか。

 

また、わざわざ違う病院に行かなくても、現在勤めている病院の別の部署や診療科に異動させてもらえば人間関係が良くなるかもしれませんよね。

 

スキルアップをしたいと思っている人も担当の課さえ変われば新しく学ぶべきことが増え、自然にスキルアップを図れることでしょう。

 

それに、病院の教育制度を上手に活用すれば、認定看護師や専門看護師の勉強をすることができるかもしれません。

 

勉強が順調に進めば、現在の病院でも認定看護師や専門看護師の資格を取得して、給料の向上を望むことができるかもしれませんよね。

 

さらに、長く勤めれば退職金も出るでしょう。

 

もちろん組織によって退職金に関する規定は異なりますので、就業規則を見直してみることをおすすめします。

 

もし退職金が出るのであれば、退職金が出る期間まで働き続けて、もらえる時期になったら辞めるという方法を選んでも良いと思います。

 

いずれにしても、安易に転職することで全てが自分の思い通りになるとは限らないということを念頭に置いておくべきです。

 

場合によってはより人間関係が悪化することも考えられますし、給料が下がることもあるでしょう。

 

ですから、転職を検討している人は、現在の職場について熟考するべきです。

 

転職によってどのようなメリットやデメリットが起こるのかを想定し、良く検討してから転職するようにしましょう。

 

そうすることによって、あなたにとってベストな職場を手に入れることができると思います。

 

例え職場に不満があったり、辛いことがあったとしても、くれぐれも先走ってすぐに退職したり、安易に転職を考えないようにしましょう。

 

冷静に現状を見つめ、正しい判断をするようにしたいものですね。