看護師の退職の心得

退職は賢くスムーズに

何らかの事情で転職をしたいと考えている人は多いと思います。

 

しかし、焦って転職するのは良くありません。

 

まずは現在の職場の良い面・悪い面を考え、本当に転職する必要があるかどうかを再検討した上で、結果的に転職する必要があると判断した場合には潔く転職してしまいましょう。

 

気持ち良く転職するためには、何よりも現在勤めている病院をスムーズに退職することが大切です。

 

幸い転職先がすぐに決定したとしても、現在勤めている病院をすぐに退職できるとは限りませんよね。

 

もしあなたが現在の病院の大きな戦力だったとしたら、病院側としてはあなたを手放したくないでしょうし、転職が困難になる場合があります。

 

そう簡単には辞めることができない場合を想定しておく必要があるのです。

 

中にはこれ以上我慢できない!と思ってすぐにでも現在勤めている病院を辞めたいと思っている人も多いでしょう。

 

しかし、どれだけ感情的になって病院を飛び出しても、健康保険や雇用保険などの手続きを行わなくてはなりませんのでここは冷静になって賢く退職するようにしましょう。

 

場合によっては退職金やボーナスをもらえる職場もあるでしょうし、もし感情的になって辞めてしまってはあなたが損をしかねません。

 

ですから、退職する際には、あなた自身のためにきちんとした手続きを行い、メリットのある辞め方をしましょう。

 

そのために必要なのは、退職の意思を賢く伝え、業務の引き続きをスムーズにし、社会保険の手続きを確実にすることです。

 

退職を決意したら、まずは直属の上司に退職の意思を伝えましょう。

 

病院の場合は看護師長に伝えて了承を得て下さい。

 

あなたが病院にとって必要な人間であれば、しつこく引き止められることも考えられますが、そうなった場合にも冷静に対応するようにしましょう。

 

あくまでも冷静な態度を示すことが大切です。

 

どうしても早く辞めたい、一刻も早く違う職場に移りたいという気持ちも理解できますが、ここはぐっと堪えて賢くいきましょう。

退職の流れ

〈1ヶ月から2ヶ月前〉

 

まずは看護師長に退職の意思を伝え、了承を得ましょう。

 

承諾されたら、上司と退職日について相談をし、引き継ぎの準備に取りかかります。

 

〈1ヶ月前〉

 

自分の担当していた業務の引き継ぎ書を作成し、同僚に引き継ぎを行います。

 

〈2週間前まで〉

 

退職届を作成し、提出します。

 

〈退職日前日まで〉

 

病院に置いてある私物を持ち帰りましょう。

 

〈退職日当日〉

 

病院の備品や制服、健康保険証やIDカードなどを返却しましょう。

 

また、離職票、年金手帳、源泉徴収票、雇用保険被保険者証を受け取ってください。

 

職場でお世話になった上司や先輩、同僚や患者さんへも感謝の気持ちを伝え、気持ち良く挨拶をしてください。

 

いくら次の病院に移るからといって、きちんと挨拶をしないで前の職場を去るのはルール違反です。

 

どんなに嫌なことがあった職場だとしても、きちんと良い印象を残して次の職場に行きましょう。