看護師の退職の心得

転職を決意したら

いざ転職しようと決めた時、看護師長に退職の意思を伝えるのは非常に緊張しますよね。

 

寿退社などの円満な退職ならともかく、自己都合で退職する人は、
「退職すると言ったら看護師長や同僚が気を悪くして、強く当たられるのではないか。」
と不安に思うことでしょう。

 

それに退職の意思を伝えてから数ヶ月間は引き続き現在の職場で働き続けなくてはいけないわけですから、もし気まずくなってしまったらどうしようと心配する気持ちもわかります。

 

だからと言って、看護師長に退職の意思を伝えるのが遅くなってしまったら、マナーも知らないのだという目で見られてしまいますので、一度転職を決意したのなら意を決して伝えるようにしましょう。

 

退職に伴う手続きや引き継ぎもありますし、ある程度、余裕を持ったスケジュールで動く必要があります。

 

そうしなければ自分の理想通りのスケジュールで転職できなくなってしまう可能性だってあります。

 

ちなみに、退職の意思はまず、直属の上司に伝えるようにしましょう。

 

自分が所属している担当の看護師長に伝えてください。

 

万が一、直属の上司よりも先に看護部長や同僚に退職の意思を伝えてしまったらマナー違反だと思われてしまいますので絶対に辞めましょう。

 

また、退職の意思は法律上では2週間前までに伝えれば問題ありませんが、大抵の場合、就業規則に退職日の何ヶ月前までに伝えるように記載されています。

 

それに、職場の状況を考えれば、突然辞められたら迷惑がかかることは明白ですよね。

 

退職する本人は良いかもしれませんが、残ったスタッフにとっては迷惑以外の何物でもありません。

 

ですから、しっかり余裕を持たせたスケジュールを組んで動くようにしましょう。

 

現代は電話やメールなど、連絡手段がいくらでもありますが、退職の意思を伝える時は必ず直接上司に会って伝えるようにしましょう。

 

お世話になっていた上司に対して電話やメールで退職の話をするのはいくらなんでも失礼過ぎますよね。

 

声をかけるタイミングに戸惑うこともあるかもしれませんが、手が空いてそうなタイミングを見つけて、退職の意思をはっきりと伝えるようにしましょう。

 

ただ、看護師に限らず、スタッフが辞めるというのは職場の戦力を失うということになりますから、どんなにあなたが固い意志を持っていたとしても、引き止められる場合もあるでしょう。

 

その際にあなたが曖昧な態度を取ってしまうと、より引き止められやすくなってしまいますので、考える余地がありそうだとか、残ってもらえるかもしれないといたずらに思わせてしまわないように丁寧かつキッパリと伝えてください。

 

また、退職する際には退職理由が必要になります。

 

いくら病院に対して抑え切れないほどの不満を抱いていたとしても、正直にその旨を伝えてはいけません。

 

退職日までは数ヶ月その職場で働き続けなくてはなりませんし、不満を伝えてしまえば職場の雰囲気が悪くなり、あなた自身が一緒に働くのが辛くなってしまいます。

 

職場で不当な扱いを受けたり、理不尽な思いをしたとしても、それをそのまま伝えるのではなく、前向きな理由を伝えるのが賢明です。

 

キャリアアップを図りたいとか、結婚や妊娠、夫の職場の都合や親の介護など、致し方ないと思われる理由を伝えることをおすすめします。

 

例えばあなたが給与面に対して不満があるとして、それをそのまま伝えてしまうと、譲歩案を出されて続けなくてはならなくなる場合があります。

 

その条件で納得できるのであれば問題ありませんが、職場での情報は思った以上に他のスタッフに伝わりやすいものです。

 

ですから、「上司に退職をちらつかせて給料をあげてもらったらしい」などと他のスタッフに噂をされてしまい、職場でいたたまれない思いをしたくないのであれば、上記のような理由を挙げるのが良いでしょう。

 

嘘を付くのは気が進まないという正直な方もいらっしゃると思いますが、嘘をつくべきシーンもあると腹をくくって下さい。

 

それがあなたの転職をスムーズにし、職場環境を乱さないための最善の策なのですから。